トラース社会保険労務士事務所は兵庫県 神戸市で営業する社労士です
トップページ > 業務内容のご案内 > 助成金の申請

助成金の申請

 

助成金とは何?

社会保険労務士業務でいう、いわゆる助成金とは、一般的には雇用保険法で定める雇用保険二事業(雇用安定事業及び能力開発事業)として行われている助成金や奨励金を差します。その他に地方公共団体等が独自に行うものが有りますが、雇用保険法に基づく助成金の申請代行等の業務は、社会保険労務士のみ行えます。助成金は、雇用保険に加入し、保険料を納めていて、就業規則・労働者名簿・賃金台帳等の法定書類を備えているなどの基本的な要件と、助成金ごとの要件を満たせば受給できます。助成金は経理上雑収入になり、返済義務はありません。また、使途も基本的に自由です。

どの様な時に助成金がもらえるの?

○雇用調整を行わざるを得ない場合     ○人を雇い入れる場合
○新たにビジネスを始めようとする場合   ○働く人の能力開発を行う場合
○成長分野等の事業を行う場合       ○その他の助成金

助成金の受給を考える場合の注意点

助成金を受給すれば一時的には利益がありますが、長期的にみれば逆にデメリットとなる場合があります。例えば、無理な定年延長、非正規社員の正社員化、新たな雇用、環境が整っていないままでの障害者雇用などが考えられます。このようなことは、経営戦略が定まってこそ助成金を活かせます。そうでなければ、事業主様にとってかえって負担になったり、従業員にとっても不幸な場合があります。

※助成金の不正受給は、助成金の返還、詐欺罪等の刑事告訴、企業名の公表等の措置がとられます ※トラース社会保険労務士事務所では、一切不正行為に加担しません。また、社会保険労務士法上
 不正行為の指示等は、最も重い罰則となっております。

助成金の申請を通じて企業の成長へ

助成金を受給するためには、多くの提出書類があります。助成金の種類によって異なりますが、就業規則、労働者名簿、出勤簿、賃金台帳などです。また、当然のことながら雇用保険に加入し、保険料を納めていなければなりません。これらの要件を整えていくなかで、労務の観点からコンプライアンスの問題を見直すことができます。また、経営戦略を新たな観点から考えることができるかもしれません。トラース社会保険労務士事務所が、そのお手伝いをできれば幸いです。

ページトップへ戻る
>>業務内容一覧へ戻る 
神戸の社労士事務所・トラース社会保険労務士事務所、お問い合わせ

SITE MENU




Copyright © 2011-2017 trace-sr.com All Rights Reserved.